博物館、美術館食べ歩き。

PGJのQTHの裏山である箱根には博物館、美術館の類が結構あります。 古くは東海道箱根関所資料館から、新しいところではポーラ美術館までいろいろ と。
実は博物館、美術館に休憩場所として喫茶施設を置くというのは「博物館学」の時間でも教える博物館の必須条件でもあります。 (梅室先生お元気?)

なにしろ、博物館というのは結構歩くし、資料の説明を読もうとするし、これが海外だと外国語の説明を読む必要に迫られ、けっこう脳味噌が疲れます。 これ を「博物館性疲労」と言いまして、この疲労感を癒す施設は中規模以上の博物館美術館には必須といわれています。

海外先進国の博物館は、この20年でカフェやレストランが充実してきています。 コペンハーゲンの国立博物館も、食べることがもっともポピュラーな趣味で あるデンマークらしいカフェが昔からあ ります。
では、出かけた先々でミュージアムカフェなどを食べて回ってみましょうということで、こんなページを作りました。 ま、ご参考までに。



ポーラ美術館


ラリック美術館


箱根恩賜公園


箱根ガラスの森美術館 

Luzern交通博物館

Luzern航空博物館



JAφ 須坂市 
田中本家博物館

21世紀美術館
金沢市21世紀美術館

 

国立博物館
東京上野と京都の
国立博物館
 

アリメンタリウム
HB9ネスレ食品博物館
 新国立美術館
 
           



趣味見出しへ戻る。 日本観光ガイドへ戻る。 ホームへ戻る。  (c)ZL2PGJ 2007-2009 使用条件